帝京大学と味覚糖の共同開発 すっきり健口習慣

口臭が気になる、お口のトラブルが気になる、舌のザラツキが気になる、スッキリしたい方におすすめです!

バイオフィルムが原因かもしれません

お口のトラブルの原因の一つ
カビのフィルムとは?

お口の中に存在する様々な菌が絡み合って出来る舌の上を覆う菌の塊です。何もしないとお口トラブルの原因にもなり、最近では健康にも影響を与えると言われています。
口の中にねばつきを感じ始めたら要注意です

口の中にねばつきを感じる前に、口中環境を改善する習慣が必要です。
バイオフィルム形成抑制成分「DOMAC」 帝京大学×UHA味覚糖=アロマ成分複合体DOMAC(ドゥーマック)配合
開発ストーリー1

帝京大学医真菌研究センターに所属する安部茂教授らのグループは、15年にわたって「カンジダ菌のカビのフィルム形成を抗菌薬や食品によって抑制する研究」を続けてきました。
その培った研究成果を総結集させ、帝京大学とUHA味覚糖は、「いつでも楽しめるおいしいキャンディで口内環境を整えたい」という思いで共同研究を進めてきました。
そしてこの度、完成したのが、このアロマ成分複合DOMACです。

帝京大学医真菌研究センターに所属する安部茂教授らのグループによる研究
開発ストーリー2

アロマ成分複合体DOMACは、シナモンパウダー、低分子化されたライチ由来のポリフェノール、ドクダミなどに存在する脂肪酸をブレンド配合、お互いの相乗作用を発揮させることで、口内環境を整えることが明らかになりました。
その強さはキャンディを十倍以上の飲物に溶かしても力を発揮するという画期的なものです。
安心安全な食品のみでできているのが特長です。
実際に、ヒト介入試験でもその効果が認められ、論文化されています。

アロマ成分複合体DOMAC
開発ストーリー3

近年、健全な腸内環境が健康維持に果たす役割が明らかになってきています。例えば、口の中のカンジダ菌は、消化管の中に入って大量に増えると、様々なからだの不調の原因になるとも言われています。「まずは体の入り口であるお口の環境を守っていく食習慣として、このDOMACを配合したおいしいノンシュガーキャンディ「UHAシタクリア」がお役に立てれば嬉しい」と、安部教授は言っています。なお、安部教授の研究グループによる「食品成分によるカンジダのカビのフィルム形成」に関する学術報告論文は20報を超えています。

ノンシュガーキャンディDOMAC『すっきり健口習慣』がお役に立てれば嬉しい
味にもこだわりました

いつでもどこでも、続けやすいオーラルケア

UHA味覚糖は、長年のお菓子作りの技術を活かし、オーラルケアをおいしくを習慣化できるように『UHAシタクリア』を開発しました。
アロマミント味のノンシュガーオーラルケアキャンディ。いつでもどこでも、お手軽に、口内環境をサポートします。

仕事の合間に 会議の前に 人と会う前に 移動中に
口中環境の悪化は回りのさりげないケアも必要です 家族でできるオーラルケア「すっきり健口習慣」 味覚糖では特別なセットを用意しました

帝京大学医真菌研究センター

1983年(昭和58年)に設立された、帝京大学医学部内の研究機関です。
抗真菌薬の基礎的・応用的研究をテーマとして病原真菌株のカルチャーコレクション、抗真菌薬の薬効評価を中心とする前臨床的研究、病原真菌の遺伝子診断法、透過型電子顕微鏡や走査型電子顕微鏡を使った形態・機能解析など、真菌に関する多様な研究開発を行っています。

ホームページ:http://www.teikyo-u.ac.jp/affiliate/laboratory/fungal_center/

ページトップへ